セルブライトとは

セルブライトエクストラプロの主成分は「キチンキトサン」というもので、この成分は医療現場で、ヤケドやケガによる皮膚損傷の治療によく使われています。

この皮膚再生効果を美容に応用したのがセルブライトエクストラプロ。

セルブライトを使用した方の口コミ、評価では90%以上が、確実な「肌修復」効果を実感!

セルブライトでは、なんと! 只今キャンペーン中! 通常価格よりも格安でセルブライトを購入出来ます。 毛穴の開き、シワ、ほうれい線、カラスの足跡、くすみ、ニキビ跡で悩んでいる方は、この機会に是非お試ししませんか?

公式サイトはこちら↓↓
話題のスキンケアコスメ『セルブライト』シリーズがWEB限定特別価格!
期間限定キャンペーン開催中!今なら最大43%OFF!全品送料無料!さらに無料サンプルプレゼント!

セルブライトの口コミ№1はスキニーFD

セルブライト スキニーFD

おすすめ度 ★★★★★

乾燥肌でカサカサの肌も、ニキビ跡の凹凸もツルツルにする事で人気のあるセルブライトの『スキニーFD』。
口コミで多かった付け心地は、

・色素沈着したシミが薄くなってきて、素肌に自信!

・敏感性乾燥肌に悩まされていたけど、スキニーFDでOK!

・もうニキビ跡を隠さず、『治す!!』という発想に変わった

・口の周りの法令線がドンドン消えていくのが楽しい

効果が出るから止められないと、評判のセルブライト♪
WEB限定のキャンペーン企画を利用して、あなたの肌に合うか試してみてください。

 ⇒ セルブライトの限定キャンペーン情報

セレブライトの口コミ、評判

20代女性のセレブライト口コミ

毛穴の悩みは中学時代からずっとでした。私は学生なのでエステはお金が高くてムリだし、美顔器は効果が一時的で、本当に悩んでいたんです。毛穴って、お化粧で隠そうとすると余計に汚く見えるし…。だから人工皮膚原液があって本当に良かったです!何年も悩んでいたのに、たったの20日間で解決なんてスゴイです。毛穴がみるみる消えていくのが毎日分かって、あのブツブツ肌がこんなにキレイになるなんて、人工皮膚って本当に「皮膚」なんだなぁと実感しました。使って良かったです!



40代女性のセレブライト口コミ

「肌修復ってどういう事なんだろう」と思っていましたが、使って納得!私の肌の悩みは、目尻のシワと毛穴のたるみでした。20代後半から毛穴がポツポツ目立ち始めて、それが30代になって、だんだんとたるんできて…。シワも急に来た、という感じ。40代になってからなんて、もう本当に日に日に肌の衰えを感じるものですよね。それが反対に、毎日肌が若返っていく感覚。ビックリでした。他のスキンケアは肌の状態をキープできれば十分ですが、人工皮膚はさすがに全然違います。この効果は確かに「修復」ですね。


当サイトのオススメ情報


当サイト内最新のコンテンツ

キチンキトサン

キトサン (chitosan) とは、多糖類の一種で、ポリ-β1→4-グルコサミンのこと。直鎖型の多糖類でグルコサミンの 1,4-重合物。分子式は(C6H11NO4)n、CAS登録番号は[9012-76-4]である。

利用法
神経再生や皮膚再生など再生医療素材としての応用が進んでいるが、そのほかにも、ポリマーブレンドやハイブリッド材料などへの応用例も多数見受けられる。また、アミノ基の反応活性を生かした誘導体化等による更なる高機能化へのアプローチも盛んに行われている。精製された高品質なキトサンを膜や繊維、スポンジにして、医療分野での用途にも利用可能である。

主な応用例として、
    * 化粧品
    * 繊維
    * 創傷保護材、人工皮膚
    * クロマト分離剤
    * イオン交換体
    * 微生物や酵素の固定化担体
    * 重金属補着担体
    * 放射性物質を含む重金属吸着剤
    * 健康食品:「コレステロールが高めの方に適した食品」として特定保健用食品(トクホ)で認められたものがある。
    * 食品添加物:増粘効果を出すため
    * カチオン系活性汚泥凝集剤............等がある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
化粧水について

化粧水(けしょうすい)とは、皮膚を保湿し、整え、滑らかにする液状の化粧品である。ローション、トナー、トニック等と呼ばれることもある。例外的な使用法として、ファンデーションや白粉に加え、粘度の調整やつけやすくする目的で用いることもある。

元来は化粧に使う水のことを指し、日本に化粧水が浸透し始めた江戸時代には、基礎化粧品としてではなく、メーキャップ化粧品の一つである化粧下地、白粉の溶き水として使われた。

日本国内では、化粧水と乳液をあわせて使用することが一般的であるが、欧米では日本の化粧水に当たるものを使用しないことが多く、海外化粧品メーカーでは、化粧水を主に日本向けとしてラインナップしているメーカーもある。


化粧水の種類

一般化粧水
    柔軟化粧水とも呼び、通常化粧水といえばこれを指す。潤いを与えて肌荒れを防ぐために、主に洗顔後の肌に使用する。80%程の水、10%程のアルコールに、グリセリンなどの保湿成分を数%、乳化剤、香料、防腐剤などを配合したものが一般的。ヒアルロン酸、コラーゲン、セラミド、ローヤルゼリー、アミノ酸、ハマメリス、ビタミンなどが保湿剤、整肌剤としてよく配合される。アルコールに敏感な肌のため、ノンアルコール化粧水も普及しているが、溶剤としてのアルコールを使用しないため、その代替として、肌にとって刺激となり得る乳化剤を一般より多く配合することがあるため、一概にノンアルコール化粧品が肌への刺激が少ないとはいえない。

美白化粧水
    肌に水分を与える効果の他、しみ、そばかす、あるいは日焼けを防ぐ作用を持たせたもの。多く、医薬部外品。アルブチン、ビタミンC等を美白成分として配合するものは、漂白作用はなく、紫外線によるしみ、そばかす、日焼けを防ぐ作用により、日々使用することで一定期間経てば美白化粧水を使っていない場合と比べて、結果的に肌が白く見えるのを目的とするものである。また、ハイドロキノンなど、漂白作用により直接的にしみ、そばかすを薄くするものもある。

植物性化粧水
    狭義ではへちま水など植物から採取され、化粧水として使用できる液体を指すが、広義では植物成分により肌に潤いを与える効果を謳うもの。アロエ、クインシード、きゅうり、へちま、レモン、米ぬかなどから採取される成分・エキスを配合する。

にきび用化粧水
    にきび、吹き出物を防ぐ作用を持たせた化粧水。殺菌作用、角質の溶解作用、ピーリング作用をもつ成分、たとえば硫黄、サリチル酸などを配合する。

アルカリ性化粧水
    多くの化粧水が弱酸性もしくは中性を呈する中、少数派ともいえる化粧水。ベルツ水(グリセリンカリ液)がその代表で、グリセリン、アルコール、水酸化カリウムなどが配合されたもの。ひび、あかぎれなどに適するが、長期間に渡る使用はアルカリ性の作用により皮膚を薄くする危険性がある。

収斂(しゅうれん)化粧水
    アストリンゼンとも呼ぶ。収斂剤の作用により、皮脂の流失を一時的に抑え、肌理を整える酸性の化粧水。脂性に適する。収斂作用の成分が配合され、一般化粧水よりアルコールが多量に配合される場合が多い。配合される収斂剤としては、クエン酸、酸化亜鉛、乳酸など。強い酸性化粧水の多用は、小皺を作ることがあるので注意が必要。

拭き取り化粧水
    フレッシュナー、除去化粧水とも呼ぶ。薄化粧落とし、使用後のコールドクリームやクレンジングクリームの除去や、ピーリング、肌を清浄にする(洗顔)目的で、コットンなどに含ませ、それで皮膚を拭き取るように使う。

プレ化粧水
    化粧水の前に使う化粧水。洗顔後の肌に残留した石鹸成分、水道水の塩素などを中和し、後に使う化粧水の、肌への馴染みを高める目的で使用する。

ローション
    化粧水の英語訳だが、乳液など現在では化粧水に区分しないものも指すことがある。また広義では、オーデコロン(パフュームローション)、ヘアトニックなどのアルコール性の液状化粧品全般を指す。


ボディーローション
    顔以外の身体に使う化粧水。水分を与える他、香りを楽しむ、汗臭を防ぐなどの効果を持たせたものもある。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
ファンデーションについて

ファンデーション(foundation)とは化粧品の一種。 顔全体に塗り、シミ、そばかす、小皺、毛穴、産毛を覆い隠して肌色を均等に整える役目を持つ。 かつてはおしろい(白粉)がこの役目をになっていた。 また、痣や刺青を隠すためのものもある。


<<ファンデーションの種類 >>

ケーキタイプ
顔料の粒子の表面をシリコンなどの油性成分や、界面活性剤でコーティング処理して圧縮し固形にしたもの。スポンジで肌に塗って使用する。パウダーファンデーションとも呼ばれる。

水ありタイプ
水を含ませたスポンジに取ると乳化され、塗った後は水分が乾燥するとともに、乾燥して塗膜が残るタイプ。リキッドタイプ(後述)に近い使用感を得ることができる。

水なしタイプ
    スポンジを濡らさず使用するタイプ。ファンデーション自体に含まれる油性成分はやや少な目になっており、薄く付けることができる。

2WAYタイプ
    スポンジを濡らしても濡らさなくても使用できる。季節や使用者の好みで、両者の特長を生かすことができる。

クリームタイプ
油性成分がクリーム状のもの。クリームファンデーションと呼ばれる。スポンジで塗るほか、指で直接塗ったり、ヘラで塗布するものもある。

リキッドタイプ
油性成分が液状のもの。リキッドファンデーションと呼ばれる。スポンジで塗るほか、指で直接塗ったりする。近年ではスプレーになっていて肌に吹き付けるものもある。顔料の粒子がより多くの油性成分で囲まれているため、ケーキタイプと比べて伸びが良く、肌色のカバー効果が高い。耐水性や耐油性にも優れているが、厚塗りになりやすく肌のトラブルを起こしやすい。近年は油性成分を減らし、水性の基剤を用いた製品もある。

その他
    * ドーラン - 演劇などのメイクで使われる、非常に濃厚な油性の練りおしろい。
    * コンシーラー - 濃度が高くカバー力の強い、部分用のファンデーション。スティック状やクリーム状などがある。ニキビ跡・シミ・クマなど、特に隠したい部分に塗る。ファンデーションと併用する際は、ファンデーションより先に塗るか後に塗るか、製品により適切な使用方法は異なる。
    * 水おしろい - 粉おしろいを化粧水や乳液に溶かしたもの。現代日本では舞妓などの化粧に使用される。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用
基礎化粧品について

基礎化粧品(きそけしょうひん)とは、ファンデーション、紅、眉墨、アイシャドーといった、メーキャップ化粧品と呼ばれるものに対して、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームといった肌質自体を整えることを目的とする化粧品を指す語。

メーキャップ化粧品は、肌荒れ、しわ、しみなど、見せたくない部分を隠す、肌に立体感や色を与えて一時的に美しくするなどを目的とするが、基礎化粧品は、皮膚を清潔にし、健康な状態にするのを目的とするものを言うことが多い。

生体に変化を与える効能は、化粧品の効能効果の範囲を逸脱し医薬部外品(いわゆる薬用化粧品)に該当する。化粧品の効能効果は、昭和36年薬発第44号等の厚生労働省通知の範囲に限定される。特に、予防効果を謳う場合、「紫外線による色素沈着の予防」「肌の乾燥や肌荒れの予防」等、生体に影響を及ぼすことを意図している場合は医薬部外品の範疇であり、化粧品の場合は、「(保湿・清浄により)口唇・肌の乾燥を防ぐ」という程度に限られる。

1990年代後半から、医薬部外品である美白薬用化粧品(医薬部外品の承認を得ていない場合は、「美白」は唱えない)のブームが起きたのも、メラニン色素をつくりシミなどの発生に大きくかかわるメラノサイト(色素細胞)が深部ながら表皮層内に存在するためである。化粧品は美白を標榜することはできないが、医薬部外品であれば美白という表現を用いることは可能である。

真皮層の変性が大きな要因とされるシワは、化粧品が働きかけることができる範囲を逸脱しているため、「シワ予防」の効能を保持することは化粧品には許されていない。たとえば、シワ軽減の有効性が認められているレチノイン酸は医薬品である。化粧品には配合できない。似た成分のレチノールなら化粧品への配合も可能だが、今度は「シワに対する有効性の訴求」は許されない。

 主な基礎化粧品
    * 洗顔料 - 化粧をしていない、あるいは化粧を落とした状態で、顔などを洗うために使用する。クレンジングを兼ねる物もある。
    * クレンジング - 化粧を落とすために使用する。
    * 化粧水 - 洗顔後、水分を補給するために使用する。
    * 乳液 - 化粧水では補いきれない水分、または化粧品では補えない油分、栄養等を補給する。化粧水によって得られた水分が蒸発してしまうのを防ぐ。
    * 美容液 - 化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。高濃度の美容成分が配合されていることが多い。
    * クリーム - 化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。また化粧水等によって得られた水分等が蒸発してしまうのを防ぐ。
    * ジェル - 化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。また化粧水等によって得られた水分等が蒸発してしまうのを防ぐ。粘性があり、保湿性が高いため、クリームの代わりに用いられることがある。

    * マスク・パック- 化粧水や乳液等で補えない栄養等を補給する。また化粧水等によって得られた水分等が蒸発してしまうのを防ぐ。

フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より引用